全国化粧品小売協同組合に加盟するプロのアドバイザーがキレイをサポートするお店です。

アイメイク

1.アイシャドウ

ダークカラーはまぶたの中央をを高く

目の際からアイホールまでの半分を目安に、中央が高くなるようにおきます。そしてアイホールまで自然なグラデーションでぼかします。

ライトカラーで曲線効果をひきたてる

イラスト範囲を目安にぼかし、ダークカラーの曲線効果をひきたて、目を丸く見せます。

アイシャドウを書いている写真

2.マスカラ

黒目の幅に重ねづけして、バッチリ丸みを強調

全体につけたあと、黒目の幅を目安に上下にたっぷりと重ねづけします。ブラシの向きが斜めになるように持ち、ブラシの先で1本1本付けたすようにすると、上手な重ねづけできます。

3.アイライナー

上ラインを自然に描く

まつ毛の間をうめるようにして描きます。

黒目の上の部分を太く描き足す

黒目の縦幅を強調し、瞳を丸く見せます。ペンシルを左右に動かし、バランスを見ながら描きましょう。

※黒目の下にも細くラインを入れると、より丸さが強調されます。自然に仕上がるパウダー使いがおすすめ。

眉の描き方

基本的に1から3の順で仕上げていくときれいな眉が描けます。

1.眉山から眉尻へ

毛流を整えてから、眉山から眉尻に向かって描きます。

2.眉中央から眉山へ

眉の中央部から眉山に向かってなだらかに描きます。

3.眉頭から眉中央へ

眉頭はソフトなタッチで眉中央へ向かって描きます。最後に全体のバランスを見ながら再び毛流を整えます。

※眉頭から眉山へはパウダータイプのご使用をおすすめします。
※仕上げにマスカラタイプを使うとさらにきれいに仕上がります。

眉を書いている写真

頬紅・口紅

ほお紅の入れ方

ほお紅を入れる起点を見つけ、起点のまわりを自然にぼかします。3つのNGラインを超えないように仕上げるのがポイントです。

ほお紅を入れる起点

鼻先から耳の中央(アキュラ)をむすんだ線の中央あたりにブラシをおきます。

ほお紅をぼかす目安

3つのNGライン

  • 目の中心と同じ高さの生え際と、鼻先を結んだ線より上にはぼかさない。
  • 口角から伸ばした①と平行の線より下にはぼかさない。
  • 口角より内側にはぼかさない。

チークを入れている写真

口紅の描き方

唇の山と下唇の位置決めが大切。上下・左右のバランスが目安となり、美しい輪郭が描けます。

  • 口を軽く閉じて、上下の山を左右対称にきめます。下唇はやや厚めになるように位置をきめます
  • 口角から中央に向けて左右対称になるように輪郭をつなげます。この段階で必ずバランスチェック。
  • 最後に内側を塗って完成。
  • 口紅を繰り出すときは1~1.5cmくらいに。
  • 口紅やリップブラシは鉛筆のように持ちます。
  • 手がぶれないように小指をあごに固定すると上手に描けます。

リップを書いている写真

Copyright © CRC(全国化粧品小売協同組合連合会) All Rights Reserved.