全国化粧品小売協同組合に加盟するプロのアドバイザーがキレイをサポートするお店です。

季節のアドバイス(冬)

冬の肌とお手入れのポイント

冬は肌にとって過酷な季節

冬の肌は寒さと乾燥の厳しい外気にさらされます。また、室内では暖房が肌から水分を奪い、肌の乾燥を加速させます。冬は、肌悩みが深刻化しやすく、あなたの肌からキレイを奪う季節でもあります。

皮膚温が低下し、肌の機能がダウン

冬は皮膚温が低下し、肌の機能がダウンするだけではなく、熱と一緒に水分まで奪われます。すると肌はハリを保てなくなり、しわやハリのなさを招いてしまいます。目尻やほお、口もとなどが気になりだしたら要注意。乾燥の繰り返しで肌の機能が低下しているサインです。乾燥がピークを迎える過酷なこの季節こそ、肌の基礎体力をアップして、冬に負けない肌づくりを行いましょう。

冬のお手入れポイント

【その1】 最も大切なのは乾燥対策
冬の肌のお手入れで最も大切なのは乾燥対策です。冬の肌は乾燥で角層の水分が保てず、肌の保湿機能やバリア機能が失われやすくなっています。「化粧水」をたっぷりと使って肌にうるおいを与え、「乳液」でそのうるおいをキープするようにしましょう。
化粧水も乳液も、手でなじませようとするとムラになりがちです。コットンを使用して、顔の丸みにあわせて丁寧に、肌のすみずみまでいきわたらせるようにすることが大切です。また、化粧水の浸透力をさらに高める「ローションマスク」もおすすめです。
そして、乾燥が加速する時季こそ、肌を保温し乾燥を防ぐ働きのある「クリーム」をお手入れに加えましょう。高い保湿効果や肌本来の働きを高める効果のある成分を、他のアイテム以上にたっぷりと配合されているのがクリームです。肌へゆっくりとなじませることで、うるおいをしっかりと閉じ込め、血色感があるいきいきとした肌に導きます。
【その2】 手肌・唇の乾燥対策も忘れずに
冬は手肌、そして唇にとっても厳しい季節です。手足の冷えや乾燥により、ボディーや指先、そして唇もうるおいを奪われ、かさつきやすくなっています。
顔の肌以上にダメージを受けやすい唇は、「縦じわが目立つ」「皮がむける」など、乾燥サインが現れやすい場所です。リップトリートメント(唇用美容液)による乾燥対策で、ふっくらつややかな唇をキープしましょう。
また、冬場の水仕事でガサガサになりがちな手にはハンドクリームをたっぷりなじませ、若々しく透明感のある肌を保ちましょう。

冬のおすすめアイテム

豊潤なうるおいで満たす化粧水
キリョウ ローションⅡ <化粧水>

保湿成分を角層深く引き込んで、たっぷりうるおう肌に導きます。
→商品の詳細はここをクリック

ふっくらと弾力キープする乳液
キリョウ エマルジョンⅡ <乳液>

肌をうるおいの膜で包み込み、乾燥でしぼんだきめもふっくら、ハリ・弾力のある肌をキープします。
→商品の詳細はここをクリック

澄んだハリめぐらせるクリーム
キリョウ クリームα <クリーム>

α-リポ酸BGをはじめ、大人の肌に焦点をあてた有効成分を贅沢に配合。とろけるような感触で肌に溶け込み、眠っている間に、豊かなちからを肌いっぱいにめぐらせます。翌朝ふっくら充実したハリ感と、明るく澄んだ肌を実感。乾燥に負けず、うるおう肌を保ちます。
→商品の詳細はここをクリック

うるおい満ちる くちびる美容液
キリョウ リップケアトリートメント <リップクリーム>

リップクリームとしてだけではなく、「口紅下地」「リップグロス」としても使える、嬉しい“唇美容液”。無防備なくちびるを守り抜き、エイジングサインの「縦じわ」「くすみ」を瞬時にケア。つややかでふっくらとしたくちびるに導くリップクリームです。
→商品の詳細はここをクリック

ぐんとうるおう透明美肌の薬用ハンドクリーム
キリョウ ハンドケアトリートメント <ハンドクリーム>

たっぷりの保湿成分と美肌成分を手肌にめぐらせ閉じ込める、なめらかベール処方を採用。ベタつかず指先までぴたっとフィットして、すべすべのうるおい感がずっと持続。使うたび透明感のある美肌に導きます。
→商品の詳細はここをクリック

Copyright © CRC(全国化粧品小売協同組合連合会) All Rights Reserved.