全国化粧品小売協同組合に加盟するプロのアドバイザーがキレイをサポートするお店です。

季節のアドバイス(秋)

秋の肌とお手入れのポイント

肌が乾燥しやすく、不安定になりやすい季節

秋の空は青く澄み渡り、爽やかで過ごしやすい季節。でも、朝晩の冷え込みが強くなり始め、気温も湿度も日ごとに低下。肌の水分がどんどん奪われ、乾燥が進みやすくなります。また、夏に比べて紫外線は穏やかになったとはいえ、お肌には夏の紫外線ダメージが溜まっています。秋は、溜まった紫外線ダメージと乾燥が原因で、肌の乾燥・ハリのなさなど、肌悩みをより実感しやすくなる季節です。

夏に溜まった肌ダメージでさまざまな肌悩みが現れやすい

湿度が低下し、空気がどんどん乾燥することに加えて、皮脂や汗の量も減少することから、知らず知らずのうちに肌の水分が奪われ、肌の乾燥が進みます。また、夏に浴びた紫外線のダメージが溜まった肌は、肌の生まれ変わりが不調となりやすく、不完全な細胞が生まれやすい状態です。不完全な細胞が生まれることによって肌は十分に成熟できず、本来持っている保湿力が低下し、肌トラブルが起こりやすくなります。

秋のお手入れポイント

【その1】 化粧水と乳液で角層を良い状態に保つ
秋の肌は乾燥や蓄積した紫外線のダメージにより、バリア機能・保湿機能が失われやすくなります。だからこそ、化粧水と乳液をたっぷり使った日々のお手入れが大切です。化粧水で肌のうるおい環境を整え、乳液でその環境を維持することで、肌の生まれ変わりがスムーズになるとともに、気温・湿度の低下や暖房による乾燥などの影響を受けにくく、なめらかなうるおいを感じられる肌になるのです。化粧水と乳液で角層を良い状態に保ち、夏の間に蓄積された肌ダメージをリセットしましょう。
特に乾燥しやすい部分には、コットンに化粧水もしくは乳液を含ませマスクにすると、密封効果で成分がお肌にしっかりと届き、うるおい感がぐんとアップします。
【その2】 意外と目立ってしまう手のかさつき・くすみ
顔の肌と同じように「手」も気温・湿度の低下と暖房の影響により乾燥を感じ始めます。手あれが気になると、人前で手を出すのが少し恥ずかしく感じられてしまうものです。手はちょっとしたお手入れで大きな改善効果がありますので、しっとりうるおう効果の高いハンドクリームでマッサージするようにいたわって、しっとりツルツルなめらかな手肌を保ちましょう。
【その3】 唇の乾燥対策も忘れずに
これからの季節は外気の乾燥が進み、唇の乾燥も気になります。顔の肌以上にダメージを受けやすい唇は、「縦じわが目立つ」「唇の皮がむけやすい」など、乾燥サインが現れやすい場所です。唇の乾燥対策のポイントは何といっても「早めのケア」。リップクリームによる乾燥対策で、ふっくらつややかな唇をキープしましょう。

秋のおすすめアイテム

豊潤なうるおいで満たす化粧水
キリョウ ローションⅡ <化粧水>

保湿成分を角層深く引き込んで、たっぷりうるおう肌に導きます。
→商品の詳細はここをクリック

ふっくらと弾力キープする乳液
キリョウ エマルジョンⅡ <乳液>

肌をうるおいの膜で包み込み、乾燥でしぼんだきめもふっくら、ハリ・弾力のある肌をキープします。
→商品の詳細はここをクリック

ぐんとうるおう透明美肌の薬用ハンドクリーム
キリョウ ハンドケアトリートメント <ハンドクリーム>

たっぷりの保湿成分と美肌成分を手肌にめぐらせ閉じ込める、なめらかベール処方を採用。ベタつかず指先までぴたっとフィットして、すべすべのうるおい感がずっと持続。使うたび透明感のある美肌に導きます。
→商品の詳細はここをクリック

うるおい満ちる くちびる美容液
キリョウ リップケアトリートメント <リップクリーム>

リップクリームとしてだけではなく、「口紅下地」「リップグロス」としても使える、嬉しい“唇美容液”。無防備なくちびるを守り抜き、エイジングサインの「縦じわ」「くすみ」を瞬時にケア。つややかでふっくらとしたくちびるに導くリップクリームです。
→商品の詳細はここをクリック

Copyright © CRC(全国化粧品小売協同組合連合会) All Rights Reserved.